カテゴリー: 白髪

白髪をごまかそう

Published / by ayata

私の場合、仕事のストレスから33歳くらいのころ白髪が一気に増えていることに気が付きました。今の状態に落ち着くまで3つのステップで白髪対策してみたことを振り返ってみたいと思います。

<ステップ1・市販の白髪染め>ボタニカルエアカラーフォーム

まずはドラッグストアに売ってる白髪染めを試してみることにしました。小さいころ母も良く使っていて、香りが苦手だったのですが、最近はそんなことはなくなっていました。でもうまく染められなくて、使うのも自分で見えないところは染めにくいし、おでこや体に液が垂れる、床や周りを汚す、そして仕上がりもうまく染まらず長続きもしませんでした。

<ステップ2・美容院で白髪染め>

もうプロに任そうと美容院に白髪染めに行きました。今までピンクブラウンやブリーチして赤のインナーカラーなどカラーを楽しんできた私、白髪染めをお願いすると、暗めの色しか選べずがっかりしました。年齢もあるし、とりあえずは、と落ち着いたカラーにしてもらいました。

しがしながら暗い色に染めてもらうとそのときはうまく白髪が染まっても、数日経つと逆に白髪が目立ってきてしまうのです。

意味ない・・・

<ステップ3・カラーを楽しもう>

結論からいうと白髪染めはやめることにしました。白髪よりカラーが楽しめないことが嫌だったのです。当時湘南に仕事に行っていたのですが、周りを見渡すと白髪があっても茶髪や金髪、メッシュを楽しむ湘南マダムが街を闊歩していました。美容師さんに白髪染めは嫌だ、カラーを楽しみたい、と相談すると、白髪染めで暗くなった髪が伸びることで白髪が気になるより、カラーやハイライトなどでカモフラージュすることができるねと賛成意見をくれたのでその通りにすることにしました。

以降、カラーのペースは2か月に1回ですが、うまく白髪をカバーしながらカラーやヘアスタイルを楽しめています。残念ながら白髪は改善されないそうなので、なんとかこの白髪と付き合っていこうと思っています。

白髪の改善は、ストレスをためないことと、食生活が重要

Published / by ayata

私は、まだ20代という若さにもかかわらず、白髪がありました。それは、パッとみただけでは分からないのですが、かき分ければ確かにあるのが確認できるレベルでした。

悪い口コミは本当?ボタニカルエアカラーフォームの実力を辛口評価でお届けします!

私が大学生の頃は、白髪は1本もありませんでした。白髪が出てきたのは、肉体的にも精神的にもきつい社会人になってからでした。気づいたのは、美容院に行った時の美容師さんからの指摘でした。ショックを受けた私は、白髪を改善する方法を調べました。まだ若いため、カラーで隠すのではなく、根元からしっかりと直したかったのです。

調べた結果を簡単にお伝えすると、「ストレスをためない」「食生活に気を付ける」とのことでした。当然といえば当然のことですが、社会人になると改善が意外にも難しい内容でした。

そこで、私がしたことは、白髪の為ではないのですが、新卒で入った会社をあまりにも激務かつ精神的にも参っていたので退職をし、定時でしっかりと帰れる比較的楽な会社に転職をしました。こうして、ストレスをためこまない生活を手にしました。

食生活には、朝と夜の野菜ジュースとビタミンが豊富に詰まったサプリメントを取り入れました。

こうした結果、約半年間で白髪の量が減ったと実感できるようになりました。白髪の改善には時間がかかると思いますが、ストレスをためない事や、食生活はとても重要であると感じています。