カテゴリー: スキンケア

吹き出物は治ったけど

Published / by ayata

肌の悩みで一番気にしていることことは、ニキビ跡のクレータで肌がボコボコになってしまっていることだ。引っ越しして、ひとり暮らしを始めた20代初めの頃、突然顔の下半分、首筋にかけて吹きでもが大量にできるようなってしまった。

ヴィオテラスHSCセラム

市販のニキビ薬を飲んだり、吹き出物の塗り薬を塗ったりしたけど、一向に改善する様子はなかった。一日になんども顔を洗ったり、インターネットで調べた生半可な知識でケアをして結果余計に肌を傷つけ、吹き出物を悪化させる結果となってしまった。

原因がわからず間違った対処をしてしまったのである。原因がわかったのが、それから1年くらい経って、いろいろ思い当たることを潰して言った結果、原因はクリーニングで使われる洗濯のりが肌にあっていないということがわかった。ひとり暮らしを初めて面倒だから、週に一度Yシャツをクリーニングに出していたのだ。クリーニングに出さず、自分で洗濯するようになったら嘘のように吹き出物が消えていった。

だけど、それで終わりではなかった。今はもうニキビや吹き出物で悩みはなくなったが、その頃悪化させたふきでもの跡が今でもくっきりと残ってしまっている。角質オフしたり、高い化粧水や乳液を使ってみても改善しない。たった1年くらいの「面倒だからクリーニングに」という横着が一生消えない肌の悩みを生んでしまった。

日焼け止めが使えないのに焼けやすい肌が嫌

Published / by ayata

幼い頃から、日焼けがしやすい肌でした。兄も弟も、どちらかといえば年中色白の肌なのに、夏になるとこんがりと焼けてしまう私の肌。評判通り!nicoせっけんを購入して使用した私の口コミ&効果をお届け!

兄弟は色白なのに、どうして私だけ焼けているの、どうして色黒なのと聞かれることも多々ありました。男である兄と弟に比べて、女であるのにも関わらず、真っ黒に焼けしまう自分の肌に、幼い頃からコンプレックスを抱いていました。

そして、極めつけに敏感肌であった私。ある日、肌のかゆみで皮膚科に行くと、皮膚科の先生より衝撃的な診断を受けました。それは、敏感肌であるから、日焼け止めを塗るのは控えなさいということ。

日焼け止めを塗るのではなく、日焼けをしないように、帽子を被る、腕カバーをつけるなどの工夫をしなさいとの指示がありました。焼けやすいからと夏は必ず日焼け止めを塗っていたので、その診断はがーんと頭を殴られたような衝撃でした。

その日からは、日焼け止めを塗るのを泣く泣く諦め、ただひだすらに日焼けをしないように心がけています。やっぱり日焼けを塗れないと、多少肌は焼けてしまいますが、しょうがないと諦めています。どうして神様は私に焼けやすい肌を授けてしまったのでしょうか、と思い悩む日々です。

いつからクマはいたの?早く山に帰りなさい

Published / by ayata

アラフィフと呼ばれるようになってからは、何時間寝ても眠い。効果あり?ビューティーオープナージェルの口コミから解約方法までを完全レビュー!

健康のことを考え平均睡眠時間は必ず寝ている、しかし、体は重い。

体が重いだけではない、パソコンを使った事務仕事のせいか瞼も重く感じられる。

歳を取ってからは、老けた顔を見るのが嫌で、極力、鏡は見ないようにしていたのだが、あまりにも瞼が重く感じるため鏡を良く見てみると、若い時分に比べ目が小さくなっていることに気付いた。

目が小さくなったのは瞼が下がったから、それだけではない、目の下のクマも気になる。

山でクマを見たら驚きだが、目の下のクマを発見した時も驚いた、いつから私にクマが出来たのだろう?

同期入社の同僚に聞いてみると、「えっ、気付いてなかったの?2.3年前からクマが出来てたよ」、そんなに前から出来ていたとは。

野生のクマなら撃退スプレーで追い返すことは出来ても、目の下のクマはずっといる、何時間寝てもいる、歳を取ったら目の下のクマは消えなくなってしまった。

人と話す時は相手の目を見なさいと私は教わった、恐らく他の人もそう教わっただろう。

瞼は下がりクマも出来ているから、目を見られるのはマズイ。

悪いウィルスによりマスクをするのが一般的になったが、マスクでは下がった瞼もクマも隠せず余計に目立っている。

目を誤魔化すために色付きのメガネを掛けると気分が少しラクになった、大人になるということは世間を欺くことかもしれない。

蕁麻疹にも注意して

Published / by ayata

わたしは過去に蕁麻疹で悩みました。当時は深い悩みがあり毎日ストレスを感じていて夜になると首の後ろ側に蕁麻疹が出来ていたのです。カラダも弱っていたのかもしれませんがそれ以上に精神がくたびれていて生きる意欲まで薄れていたのです。

http://www.reisenacht.com/

蕁麻疹は、カラダが疲れていたり寝不足だったりその他にもいろいろな原因があって肌に表れます。自分ではこんなのどうってことないと思っていても、カラダは正直に危機的状況であると肌を通じて知らせてきます。肌というのはすごく賢いというか素晴らしい器官であることに間違いありません。

人間のカラダは不思議の集まり・・・体調は頭痛や体温やお通じなどでだいたい分かるけれどそれでも分からないこともあります。そういう変化を肌は示してくれるので毎日肌の観察をすることは大事ですよ。

わたしの蕁麻疹はおもしろいことにあることに決着をつけたあと数日で完全に出なくなりました。肌の状態肌の話しというとシミやシワの悩みがメインかもしれませんが、なんだかよく分からない吹き出物や虫刺されに似たできものが現れたら注意しましょう。わたしは蕁麻疹の跡が残りませんでしたが、娘は蕁麻疹の跡がなかなか消えず悩んでいます。

ファンデーションで乾燥が気にならない、みずみずしいお肌を実現

Published / by ayata

寒くなると乾燥に悩まされます。スキンケアで保湿をしていますがメイクをしているときはお肌が突っ張っているような感じがします。夏はパウダーファンデーションですが寒くなるとファンデーションを変えています。パウダーファンデーションだとお肌が「カピカピ」になり、うるおいがなくなります。

リキッドファンデーション、タイクリームタイプのファンデーションを使ったこともあります。しっとりしているのですがカバー力があるので私はナチュラルでうるおいがあり、素肌に見えるファンデーションがほしかったのです。

ヴィオテラスHSCセラム

今年の秋に、理想のファンデーションと出会いました。ジュエリーファンデーションです。コンパクトケースに入っていて、メッシュタイプです。半練り状のファンデーションです。サラッとしていますがお肌にうるおいをあたえてくれます。薄付きですが毛穴などの気になる部分はしっかりカバーしてくれます。

厚塗りにならず、時間がたってもみずみずしくうるおっているのです。気になるところはしっかりカバーしますがナチュラルで、素肌がきれいに見えるのがうれしいです。

お化粧のくずれが気にならないので1日中気持ちよくすごせます。

今年の冬は乾燥に悩まされることがないと感じています。