糖質制限ダイエット体験記

今では市民権を得て低糖質の食品が店頭に並び糖質制限ダイエットも認知されているが世間一般に認知され始めたのは7年前に一世風靡したCMで有名になったジムがキッカケだったと思う。

ラクルルの効果を徹底検証!購入して飲んだ私の口コミ&体験談!

同じ時期に私も中年になり不摂生が続き以前は180センチ65キロのスリムな体型だったのだがその時は95キロまで増えて街中で高校の同級生を見かけて声をかけたら「どちら様でしょうか?」と言われた事がきっかけでジム通いと食事制限をする事になった。

しかし仕事に追われ運動する時間が確保するのが難しかった為すぐ効果がでるやり方を模索したら某有名トレーナーが開発した短時間、短期間、糖質制限のダイエット法をやることとした。正直眉唾物だったが時間のない私には好都合のやり方だった。

どういったものかと言うと
今までの常識とは違い長時間のトレーニングと毎日の筋トレは禁止。
トレーニングの頻度は週に一度
時間は15分〜30分
内容は限界を越えるヘビーなセットは1セットのみ
パンプアップ(筋肉に血液を送り込み膨らませる)種目は2〜3つ
感覚を開けずに素早く終わらせるのが目的

実際に私がやっていたトレーニングと食事内容が
ベンチプレスのMAXが50キロだったので
ウォーミングアップで20キロを10回、30キロを10回、50キロを上げれる迄(2〜3回程度)

20秒で限界が来る重さの重量で
ダンベルプレスを3セット
ダンベルフライを3セット
できるようであれば
チェストプレスを2セット
を週に一度。他の日はウォーキングやジョギングを軽めに30分程度。

食事も糖質を20グラム以下に抑えれば肉、脂なども摂取可能でさらに人工甘味料を使ったカロリーゼロの甘い物やコーラも摂取可能で食事内容は
ところてん、ブロッコリー、茹で卵、サラダチキン、チーズを3食。
おやつはナッツとゼロカロリーコーラ

最初の3週間は思ったより痩せずに2キロ減。しかし3週間目以降は急に落ちだし2ヶ月で15キロ減。
キツいながらも結果が出て体重計に乗るのが毎日楽しくて仕方なかった。
残りあと10キロ。俄然やる気が出てきた。

しかし、3ヶ月目に入った頃に身体と精神状態に異常が出てきた。今までもお腹が減ったり食べられないストレスを感じてはいたけどそれぐらいで他は特に問題がなかったが徐々に夜眠れなくなり合計で2〜3時間睡眠が続きとうとう寝れない日が出てきたり寝不足のまま仕事をするので普段やらないミスを連発し始めフォローしてくれた上司に対しても怒鳴り上げるなど流石にまずいと思いここで糖質制限ダイエットは中止にする事にした。

やはり過度の糖質制限ダイエットの反動は大きく中止した日から食欲が止まらなくなり3ヶ月もしないうちに元通りの95キロになった。

それ以降は夜ご飯は軽くしたり朝ごはんをプロテインだけにしたりして平日は間食禁止で休日は間食可。しかし食べたくなったら我慢せずに食べて翌日少し食事を減らすなど無理のないダイエットを心がけて現在は75キロ〜80キロで落ち着いている。

結局は自分に合ったやり方を試してそれを楽しみながらやるのが一番だと思う。
何より運動すると気持ちがいいし悩みやイライラがあってもバーベル上げたら忘れるしスタイルもよくなるからもしかしたらダイエットは1番のストレス解消かもしれない。