日焼け止めが使えないのに焼けやすい肌が嫌

幼い頃から、日焼けがしやすい肌でした。兄も弟も、どちらかといえば年中色白の肌なのに、夏になるとこんがりと焼けてしまう私の肌。評判通り!nicoせっけんを購入して使用した私の口コミ&効果をお届け!

兄弟は色白なのに、どうして私だけ焼けているの、どうして色黒なのと聞かれることも多々ありました。男である兄と弟に比べて、女であるのにも関わらず、真っ黒に焼けしまう自分の肌に、幼い頃からコンプレックスを抱いていました。

そして、極めつけに敏感肌であった私。ある日、肌のかゆみで皮膚科に行くと、皮膚科の先生より衝撃的な診断を受けました。それは、敏感肌であるから、日焼け止めを塗るのは控えなさいということ。

日焼け止めを塗るのではなく、日焼けをしないように、帽子を被る、腕カバーをつけるなどの工夫をしなさいとの指示がありました。焼けやすいからと夏は必ず日焼け止めを塗っていたので、その診断はがーんと頭を殴られたような衝撃でした。

その日からは、日焼け止めを塗るのを泣く泣く諦め、ただひだすらに日焼けをしないように心がけています。やっぱり日焼けを塗れないと、多少肌は焼けてしまいますが、しょうがないと諦めています。どうして神様は私に焼けやすい肌を授けてしまったのでしょうか、と思い悩む日々です。