ワキガと付き合っていく私

臭いが人よりキツイのかも、と気付いたのは小学校高学年の頃でした。当時は自分では気付かず、母親にこれを使いなさいと無香料のロールタイプの制汗剤を渡されていましたが、意味も分からず塗っていました。しかし塗り忘れた日に同級生が「なんか臭くない?」と言い出し、その臭いの元凶が自分の脇からだと気付き、過剰に気にするようになりました。

父親がワキガなので遺伝なのかもしれません。

評判どう?プルーストクリームを実際に使った私の口コミ&効果!

中学生の間に良い商品がどんどんと出て、スティックタイプの制汗剤に変えると匂いは抑えられていましたが、やはり時間の経過と制汗剤を塗り忘れた日は独特なツンとした匂いがしました。脇汗が服についてしまうと、そこから匂いがしてしまうので、いつも着替え用のインナーを持ち歩く位でした。

社会人になり、自分である程度のお金を稼げるようになるとワキガ手術も受けようかと悩みましたが、仕事を休む事が出来ないので未だに受けられずにいます。しかし匂いが消える事はないので、少し無理をしてでも時間がある時に手術を受けるべきだったと思っています。

今は昔に比べ、匂いを抑える制汗剤も進化して周りにバレることもありませんが、やはり夏でも冬でも常に気になってしまう事には変わりありません。

手術は今でもしたいと思いますが、制汗剤の進化も凄いのでそちらに期待したいと思います。