紫外線対策を徹底してほうれい線を予防しよう

ほうれい線の原因にはいろいろなものがあり、そのなかの一つが肌を支えている筋力の衰えだといわれています。いわゆる肌のたるみがほうれい線につながるのです。その肌を支えている筋力を壊す原因になるのが、紫外線です。

http://www.eco-kenki.jp/

紫外線を浴びる時間が長い人や、紫外線の強い時期に外に出る機会が多い人ほど、肌を支えている細胞が壊れやすくなるそうです。紫外線によって肌の細胞がダメージを受け、肌の筋力が衰え、その結果ほうれい線が目立つようになります。このことから、ほうれい線の大敵のひとつは紫外線だといえます。ほかにも加齢や乾燥なども関係しますが、日頃から紫外線対策を気をつけることでほうれい線をずいぶんと抑えることができるのではないでしょうか。

すでにほうれい線ができてしまっている場合でも、紫外線対策を徹底することは無駄ではないでしょう。ほうれい線は年齢とともに徐々に深くくっきりと目立っていきますが、セルフケアによってその進行速度を抑えることも可能なようですよ。

すぐにでも目立たなくしたい場合は、美容皮膚科などで相談してみるのもおすすめです。比較的費用を抑えつつほうれい線ケアができるヒアルロン酸注入など、いろいろなメニューを紹介してもらえます。その際は、しっかりとした実績のあるクリニックを選ぶことが大切です。信頼できるクリニックを探し、医師の説明にも納得した場合に処置を受けるといいいでしょう。