吹き出物は治ったけど

肌の悩みで一番気にしていることことは、ニキビ跡のクレータで肌がボコボコになってしまっていることだ。引っ越しして、ひとり暮らしを始めた20代初めの頃、突然顔の下半分、首筋にかけて吹きでもが大量にできるようなってしまった。

ヴィオテラスHSCセラム

市販のニキビ薬を飲んだり、吹き出物の塗り薬を塗ったりしたけど、一向に改善する様子はなかった。一日になんども顔を洗ったり、インターネットで調べた生半可な知識でケアをして結果余計に肌を傷つけ、吹き出物を悪化させる結果となってしまった。

原因がわからず間違った対処をしてしまったのである。原因がわかったのが、それから1年くらい経って、いろいろ思い当たることを潰して言った結果、原因はクリーニングで使われる洗濯のりが肌にあっていないということがわかった。ひとり暮らしを初めて面倒だから、週に一度Yシャツをクリーニングに出していたのだ。クリーニングに出さず、自分で洗濯するようになったら嘘のように吹き出物が消えていった。

だけど、それで終わりではなかった。今はもうニキビや吹き出物で悩みはなくなったが、その頃悪化させたふきでもの跡が今でもくっきりと残ってしまっている。角質オフしたり、高い化粧水や乳液を使ってみても改善しない。たった1年くらいの「面倒だからクリーニングに」という横着が一生消えない肌の悩みを生んでしまった。

19時以降は食べないだけのダイエット

私が実際に体験したダイエットです。

タイトルの通りですが19時以降は何も食べません。

その代わり、19時までなら食べたいものを食べたいだけ食べていました。

それでは具体的にお話ししましょう。

以前、一か月以内に体を絞らなければいけないことになりました。

当時の私は食べることが大好きで、食べる量も周りの友達の1.5倍ほど。

「食べない」ダイエットは選択肢の中にありませんでした。

そこでまず生活習慣と食習慣を見直すことに。

当時は食事の時間もバラバラで、寝る直前まで何か口にしているような生活。

飲み物も大好きなコーヒーやジュースばかりでした。

そこで私は食事の時間制限を設けました。

食べ物を口にするのは「19時まで」と決めたのです。

その代わり・・・

「19時までなら何を食べても、どれだけ食べても良い」

というルールを作りました。

更に、「飲み物は水か緑茶だけ」というルールも作りました。

このルールでさっそく実践。

結果・・・

朝食はご飯3杯、昼間も好きなものを食べ、夕食は19時数秒前までおなか一杯食べることに。

ここだけ聞くと「すごい量を食べていて余計太るのでは・・・」と心配になる方が多いと思います。

ですが、この方法で私は「一か月で3キロ」痩せました。

グラマラスタイル

何故この方法で痩せたのか振り返ってみると、

それは「自分に適した無理のないダイエット方法だったから」ではないかと思っています。

ポイントしては、ダイエットとして頑張る部分と絶対に頑張らない部分を作ったこと。

私の場合、頑張る部分というのは「19時以降は何も食べない」「コーヒーをやめて水と緑茶だけ飲む」ということ。

絶対に頑張らない部分というのは、「19時までなら好きなものを好きなだけ食べても良い」ということです。

私にとっては「頑張らない部分」が非常に大きかったのです。

「頑張るために頑張らない」。

逃げ道を作ることで私は頑張れました。

そして、実はもう一つ逃げ道を作っていて・・・

「19時以降におなかが空いて寝れなくなってしまったら、ヨーグルトとバナナなら好きなだけ食べてOK」というルールも作っていました。

このルールを作ったおかげで、夜中おなかが空いても罪悪感を感じることなくおなかを満たすことができ、ダイエットを続けられました。

ダイエットを検討している皆さん、どうか自分に合ったルールを見つけて無理なく続けてください。

日焼け止めが使えないのに焼けやすい肌が嫌

幼い頃から、日焼けがしやすい肌でした。兄も弟も、どちらかといえば年中色白の肌なのに、夏になるとこんがりと焼けてしまう私の肌。評判通り!nicoせっけんを購入して使用した私の口コミ&効果をお届け!

兄弟は色白なのに、どうして私だけ焼けているの、どうして色黒なのと聞かれることも多々ありました。男である兄と弟に比べて、女であるのにも関わらず、真っ黒に焼けしまう自分の肌に、幼い頃からコンプレックスを抱いていました。

そして、極めつけに敏感肌であった私。ある日、肌のかゆみで皮膚科に行くと、皮膚科の先生より衝撃的な診断を受けました。それは、敏感肌であるから、日焼け止めを塗るのは控えなさいということ。

日焼け止めを塗るのではなく、日焼けをしないように、帽子を被る、腕カバーをつけるなどの工夫をしなさいとの指示がありました。焼けやすいからと夏は必ず日焼け止めを塗っていたので、その診断はがーんと頭を殴られたような衝撃でした。

その日からは、日焼け止めを塗るのを泣く泣く諦め、ただひだすらに日焼けをしないように心がけています。やっぱり日焼けを塗れないと、多少肌は焼けてしまいますが、しょうがないと諦めています。どうして神様は私に焼けやすい肌を授けてしまったのでしょうか、と思い悩む日々です。

いつからクマはいたの?早く山に帰りなさい

アラフィフと呼ばれるようになってからは、何時間寝ても眠い。効果あり?ビューティーオープナージェルの口コミから解約方法までを完全レビュー!

健康のことを考え平均睡眠時間は必ず寝ている、しかし、体は重い。

体が重いだけではない、パソコンを使った事務仕事のせいか瞼も重く感じられる。

歳を取ってからは、老けた顔を見るのが嫌で、極力、鏡は見ないようにしていたのだが、あまりにも瞼が重く感じるため鏡を良く見てみると、若い時分に比べ目が小さくなっていることに気付いた。

目が小さくなったのは瞼が下がったから、それだけではない、目の下のクマも気になる。

山でクマを見たら驚きだが、目の下のクマを発見した時も驚いた、いつから私にクマが出来たのだろう?

同期入社の同僚に聞いてみると、「えっ、気付いてなかったの?2.3年前からクマが出来てたよ」、そんなに前から出来ていたとは。

野生のクマなら撃退スプレーで追い返すことは出来ても、目の下のクマはずっといる、何時間寝てもいる、歳を取ったら目の下のクマは消えなくなってしまった。

人と話す時は相手の目を見なさいと私は教わった、恐らく他の人もそう教わっただろう。

瞼は下がりクマも出来ているから、目を見られるのはマズイ。

悪いウィルスによりマスクをするのが一般的になったが、マスクでは下がった瞼もクマも隠せず余計に目立っている。

目を誤魔化すために色付きのメガネを掛けると気分が少しラクになった、大人になるということは世間を欺くことかもしれない。

蕁麻疹にも注意して

わたしは過去に蕁麻疹で悩みました。当時は深い悩みがあり毎日ストレスを感じていて夜になると首の後ろ側に蕁麻疹が出来ていたのです。カラダも弱っていたのかもしれませんがそれ以上に精神がくたびれていて生きる意欲まで薄れていたのです。

http://www.reisenacht.com/

蕁麻疹は、カラダが疲れていたり寝不足だったりその他にもいろいろな原因があって肌に表れます。自分ではこんなのどうってことないと思っていても、カラダは正直に危機的状況であると肌を通じて知らせてきます。肌というのはすごく賢いというか素晴らしい器官であることに間違いありません。

人間のカラダは不思議の集まり・・・体調は頭痛や体温やお通じなどでだいたい分かるけれどそれでも分からないこともあります。そういう変化を肌は示してくれるので毎日肌の観察をすることは大事ですよ。

わたしの蕁麻疹はおもしろいことにあることに決着をつけたあと数日で完全に出なくなりました。肌の状態肌の話しというとシミやシワの悩みがメインかもしれませんが、なんだかよく分からない吹き出物や虫刺されに似たできものが現れたら注意しましょう。わたしは蕁麻疹の跡が残りませんでしたが、娘は蕁麻疹の跡がなかなか消えず悩んでいます。

白髪の改善は、ストレスをためないことと、食生活が重要

私は、まだ20代という若さにもかかわらず、白髪がありました。それは、パッとみただけでは分からないのですが、かき分ければ確かにあるのが確認できるレベルでした。

悪い口コミは本当?ボタニカルエアカラーフォームの実力を辛口評価でお届けします!

私が大学生の頃は、白髪は1本もありませんでした。白髪が出てきたのは、肉体的にも精神的にもきつい社会人になってからでした。気づいたのは、美容院に行った時の美容師さんからの指摘でした。ショックを受けた私は、白髪を改善する方法を調べました。まだ若いため、カラーで隠すのではなく、根元からしっかりと直したかったのです。

調べた結果を簡単にお伝えすると、「ストレスをためない」「食生活に気を付ける」とのことでした。当然といえば当然のことですが、社会人になると改善が意外にも難しい内容でした。

そこで、私がしたことは、白髪の為ではないのですが、新卒で入った会社をあまりにも激務かつ精神的にも参っていたので退職をし、定時でしっかりと帰れる比較的楽な会社に転職をしました。こうして、ストレスをためこまない生活を手にしました。

食生活には、朝と夜の野菜ジュースとビタミンが豊富に詰まったサプリメントを取り入れました。

こうした結果、約半年間で白髪の量が減ったと実感できるようになりました。白髪の改善には時間がかかると思いますが、ストレスをためない事や、食生活はとても重要であると感じています。

ファンデーションで乾燥が気にならない、みずみずしいお肌を実現

寒くなると乾燥に悩まされます。スキンケアで保湿をしていますがメイクをしているときはお肌が突っ張っているような感じがします。夏はパウダーファンデーションですが寒くなるとファンデーションを変えています。パウダーファンデーションだとお肌が「カピカピ」になり、うるおいがなくなります。

リキッドファンデーション、タイクリームタイプのファンデーションを使ったこともあります。しっとりしているのですがカバー力があるので私はナチュラルでうるおいがあり、素肌に見えるファンデーションがほしかったのです。

ヴィオテラスHSCセラム

今年の秋に、理想のファンデーションと出会いました。ジュエリーファンデーションです。コンパクトケースに入っていて、メッシュタイプです。半練り状のファンデーションです。サラッとしていますがお肌にうるおいをあたえてくれます。薄付きですが毛穴などの気になる部分はしっかりカバーしてくれます。

厚塗りにならず、時間がたってもみずみずしくうるおっているのです。気になるところはしっかりカバーしますがナチュラルで、素肌がきれいに見えるのがうれしいです。

お化粧のくずれが気にならないので1日中気持ちよくすごせます。

今年の冬は乾燥に悩まされることがないと感じています。

ゆっくりと深呼吸をして散歩を

私のストレス解消法は散歩です。何も考えず、街のにおいを嗅いだり、音を聞いたり、人を見たりしながら時間をかけて歩きます。長いときには3時間ほど歩いていることもあります。散歩をすると体がリラックスし、気持ちが軽くなっていくのが分かります。

歩くことに疲れたら、少し公園で休んだりカフェに入ってお茶を飲んだりすることも有効的です。最近は、だんだん秋の訪れを感じる季節となり、ただ歩いているだけで涼しく気持ちが良いです。何かに煮詰まってしまったり、嫌な事があったりしたときにはぜひおすすめします。

次に、どうしても自分の中では消化しきれないときは、泣くこともおすすめです。涙を流すことで自分の中で溜まっているものが流され頭がすっきりします。映画を観たりドキュメンタリーを観たりしてぜひ外に自分の感情を出してみましょう。ただこの時に考えさせるような映画は見てはいけません。何も考えずぼーっと視聴できる題材を選んでください。

どちらのストレス解消法も何も考えずただ頭を休めるということが大事だと思っています。ストレスを抱える原因はいろいろと考えてしまったり、心配ごとが多かったりと頭を使いすぎて、心がついていかないことだと思います。ですので心が追いつけるように頭を休憩させることが一番の解消方法だと自負しています。そして深呼吸も忘れないでくださいね。

美味しいものを食べに行く

皆さんはストレスを感じることがありますか?

仕事や家事が忙しかったり…

人間関係で問題があったり…

人がストレスを感じる要因はその人や環境によって様々で、そのままの状態を続けていると大変なことになります。

こまめに溜まったストレスを発散することが大事ですね!

今回は私のストレス解消法を紹介します。

紹介と言っても、そんな大それた名案ではないのですが…

私のストレス解消法は、美味しいものを食べるということ!

美味しいもの食べると、何とも言えない幸せな気持ちになりますよね。

普段からsnsで人気の行列のお店だったり、いつも食べに行っているお気に入りの味だったり、次に行くお店を多忙な日々の中でピックアップしておきます。

そして、そのお目当てのものを食べるまでに自分の中でテンションを高めておくのもコツです。

もう少しで食べられるぞー!というワクワク感もこの解消法の醍醐味の1つなんですよね。

そんな気持ちで食べると2割増しで美味しくなります!

食事は人として必然的なイベントなので、それに楽しみを見出せるとハッピーかもしれません。

口溶け柔らかな甘いものを食べた時なんかも、あぁ幸せ…と感じると同時にすごくホッとしたりもします。

また、明日も頑張ろう、疲れたらまたここに来よう、そんな隠れ家を持つことは素敵なことです。

日々の中でストレスを感じる暇もなく忙しくしている方なんかは、その幸せの瞬間に「あぁ、僕疲れてたんだなぁ」と気づくきっかけになるかもしれませんね。

好きなものを食べるという行為で皆さんもしっかり幸せにストレス解消してみてください!

とことん片付けてストレス解消

 何かに行き詰まった時、なんとなくもやもやする時など、ストレスがたまっているなと感じたら、とことん部屋の片付けを始めます。不思議とストレスがたまっている時は、部屋も散らかっていることが多いです。部屋は心の中を映すとどこかで聞いたことがありますが、まさにその通り。

 そして、少しでも使わないと感じたものは片っ端から捨てていきます。使いかけの化粧品、まだ読むかもしれないと思ってとっておいた雑誌。1年くらい袖を通していない服、出番はあるけれど、着古してしまった洋服や下着。あとでシュレッダーにかけようと思っていた書類をどんどん始末。昔好きだったアーティストのCDも、もう一度見直し手放して良いかを検討します。そうすると、意外と手放しても良いものも結構あるものです。

 最終的にはテーブルの上も、床の上も何もない状態に。クローゼットや本棚、引き出しの中は半分以上空いた状態に。そうすることで、心の中も整理されて気分が良くなりスッキリします。

 そもそもストレスがたまったら片付けるということを始めたのは、転職活動をしていた時。塾講師としてのアルバイト生活が何年も続き、さすがにこれではまずいと焦るものの、なかなか採用されず、自分の生きている価値もないと思うほどに追い込み、かなりのストレスを溜めていました。その時はまだ、片付けるということをそんなにしておらず、小さい頃に着ていた服や学生時代の教科書なども思い出として取っておくタイプでした。しかし、過去はすべて捨てて、今の自分と向き合おうという思いから、どんどん捨てることに。本や教科書を捨てることによってすっからかんになった本棚も捨てました。次第にもっと部屋を広くしたいと思うようになり、部屋の半分ほどを牛耳っていたロフトタイプのベッドも捨てることに。この大掛かりな片付けを経ることで、気持ちにも整理がついたのか、今の会社へ正社員としての再就職が決まったのです。

 こうした経験から、ストレスを感じたらとことん身のまわりを片付けていくということで、そのストレスを解消するという習慣がつき、今も継続しています。

嫌なことがあったらとりあえず釣りに行く。

・仕事でしくじったり、家庭・夫婦間で嫌になることがあった時には、休みの日や仕事終わりに気持ちの整理や何もかも忘れたいときに、海へ釣りをしてリラックスしに出かける。

・海に行く道中にもドライブにもなって、一石二鳥になったりリラックスする。

・雨で、外に出かけられないときには、家でアニメを時間がある限り見てリラックスしている。

・他には休みの日、一日中寝て過ごして何もかも忘れる。

・釣り具のメンテナンスして釣れるところを想像する。

・携帯でアンケートアプリを時間がある限りする。

・携帯ゲームをスタミナがなくなるまで一日中する。

・お気に入りの釣具屋に買い物したり、ウィンドウショッピングをして、時間を忘れてリラックスする。

・子供の休みの日が自分の休みと被ったら、一緒に部屋で遊んだり、ドライブしたり、買い物したり、公園で遊んだりする。

・車の洗車をする。

・YouTubeを見て、リラックスする。

・部屋の片づけをしたり、家具の移動などして気分転換をして過ごす。

・Amazonやメルカリなどを見て欲しいもがないか探して一日過ごす。

・アニメソングを寝ながら聞いて過ごす。

・食べたい物を買い占めて、食べたいときに食べてリラックスする。